引越見積もり~引越当日~

信頼できる引越見積もり業者を見つけたら、いざ引越です!
前日までにしておくことや、当日の流れなどを引越見積もり業者としっかり打ち合わせしておきましょう。

そうすることで、引越当日にスムーズに引越を行うことができます。
作業の開始時刻や終了時刻、当日の作業員の人数、トラックの駐車スペースなど、
不安な点や疑問点は必ず確認してください。

また、今まで住んできた自宅も綺麗に掃除しておいてください。
また、冷蔵庫や洗濯機については、前日までに水抜きを済ませておきましょう。

次に使う人のために、今までのお礼も込めてピカピカに掃除してください。
また、引越の作業中に気になったことは引越見積もり業者にしっかりと確認してください。
そうすることで、引越トラブルを起こさないことができます。

また、搬出後の積み忘れや、搬入後の降ろし忘れがないか、
よく確認しましょう。引越当日の流れは、ざっとこのような感じです。
お分かりいただけたでしょうか?

hikkoshi_clean

引越見積もり~荷造りをしよう~

引っ越す日程が決まり、2週間~1か月前から引越見積もり業者を探し、
自分に合った引越見積もり業者を見つけたら、次は引っ越すための荷造りを始めましょう。

ですが、いざ荷造りをしようとしても、何から始めたら良いのかわかりませんよね。
まずは、押し入れや納戸など、普段使用しないものが入っているところから荷造りを開始しましょう。

その際に、「これはこれから本当に必要なものなのか」と考え、いらないものだと判断したら、捨てていきましょう。
そうすることで、荷物をできる限り少なくすることができます。

そして、ダンボールには入っているものを明記しておきましょう。
「洋服」「食器類」などというように書いておくと、引越た後も分かりやすいと思います。

また、ダンボールに番号を付けておくことで、引越の際に紛失していないかどうかを確認することもできます。
また、貴重品はダンボールにはいれずに、手持ちで引越をしましょう。引越の荷造りも引越見積もりに含めて、考えましょう。

引越見積もり~業者を決めよう~

引越の日程が決まったら、引越の2週間~1か月前には、
引越業者に引越見積もりを依頼しておきましょう。

引越見積もりはきちんとした業者に頼むことが大切です。
自分に合った引越見積もりサービスを見つけられると良いですね。

見積もりにかかる料金は無料ですので、複数の引越し業者から見積もりをもらい、比較することをオススメします。
ただ、「格安で引越ができます!」と必要以上にアピールしている業者には注意が必要です。

見積もり内容を確認してみると、あなたの希望にそぐわないサービスになっていることがあります。
あとから追加料金が発生したり、さまざまなトラブルが起こってしまう可能性があります。

こうならないためにも、きちんとした引越見積もりサービス業者を選んでくださいね。
安さに加え、「きちんと対応をしてもらえそうか」「安心して任せられそうか」という点も考慮して、
比較すると良いでしょう。あなたの引越が、すばらしいものとなるように祈っています。

hikkoshi_human

引越見積もりのいろいろ

引越見積もりの中には、引越準備なども含まれます。
まずは、引越する日にちを決めましょう。

みなさんは、引越が集中する時期があることをご存じでしょうか?
土日祝日や大安の日などは、引越をする人が多いのです。

この辺を踏まえて、引越見積もりをしていきましょう。
また、2月~3月も引越が多い時期ですね。

引越する日にちが決まったら、引っ越す時間帯を決めましょう。
午前か午後かに分かれていることが多く、時間が遅くなればなるほど、安くなるしくみのようです。
遅い時間の引越でも良いよ、という方は、引越見積もりが少しでも安く済みますね。

ですが、時間が遅いほど料金が安いので、荷物運び後のアフターサービスが悪い、
なども考えられるので、その辺は慎重に考慮していきましょうね。

そして最後に、引越に必要な様々な手続きをします。
引越しに伴い、「電気・水道・ガスの移転届」「転出届・転入届」など、
たくさんの手続きが必要になります。これらが終われば、引越完了です!