引越し見積もりの値引き交渉に応じてもらうには

大きな買い物と同じように、引越し見積もりも値引き交渉をすることは可能です。
交渉するからには、1社だけの引越し見積もりでは高いのか安いのか分かりません。

複数の引越し見積もりをとり、比較して相場を知る必要があります。
一番手っ取り早い方法は、他業者の安い引越し見積もりを見せて交渉することです。

どの業者でも自社で契約をしたいと思うので、他業者の金額は気になります。
他業者の引越し見積もりに合わせた料金にしてくれる可能性も高いようです。

また、比較的値引き交渉に応じてもらいやすいポイントがあります。
引越しの日にちや時間帯を業者に任せるフリー便や、繁忙期を避けた時期の引越し、
土曜・日曜・祝日の割高の日を避け平日に引越しをするなどです。

繁忙期と閑散期の引越し見積もり金額を比べると、閑散期では半額近く下がることもあります。
限られた日にちでの急ぐ引越しでなければ、時期なども考え、お得な引越し計画を立てるといいでしょう。

初めて引越し見積もりをとる人へアドバイス

3月、4月は進学や就職、転勤などで引越しする人が多い季節です。

初めて引越しをする場合には、どのように進めたらいいのか分からないと思います。
1人で運べないような大きな荷物は無く、荷物の量も比較的少ない場合は、
業者に頼まず自分で引越しをすることもできるでしょう。

引越し業者に依頼する場合は、まず引越し見積もりをとります。
相場を知るためにも、引越し見積もりは複数の業者からとり、
料金の他サービス内容も比較していきます。

但し、インターネットの一括請求サイトなどから、何十社も引越し見積もりを依頼すると、
何が正しいのか分からず、相場の判断が付きにくくなってしまいます。

また1件でも多くの契約をしようと、しくこく連絡をする業者もあります。
具体的に話を進め引越し見積もりを依頼するのは2、3社で十分だと思います。

算出された引越し見積もりはすぐに決めなくても構いません。
料金の交渉をすることもできます。他業者と比較をし納得した上で契約を交わしましょう。

hikkoshi_nego

電話対応から引越し見積もりまでお手伝い

学生のころ引越し業者が最も忙しい3月、4月に大手企業の事務を短期でアルバイトしていました。
主な仕事内容は電話対応及び引越し見積もりの概算などでした。私は東京都中野区を担当をしており、
中野区で引越しをする方を専門に電話対応をしました。

社員ではなくアルバイトだった為、引越し見積もりは一番簡単な一人暮らし専用の単身パックを算出していました。
もちろん社員の方がしっかりとチェックをしていましたので安心して下さい。

一人暮らしで荷物が少なく、忙しい人にお勧めの単身パックの説明をし、
引越し先までの距離と荷物の量からトラックの大きさを割り出していました。

単身パックの場合は規定のパック料金が組まれており、
荷物の量が分かればアルバイトの私でも引越し見積もりを算出することができました。

詳しい金額は実際に社員の人が見に行き、荷物の量を確認して算出します。
引越し見積もりの相場を知る為に、見積りを依頼する人も多くとても忙しいアルバイトでした。

引越し見積もりは距離によって変わります

新居までの引越しの距離は、引越し見積もりを算出する為の基準となる要素の一つです。
引越し先までの距離が長いほど、引越し見積もり料金は高くなります。
車のガソリン代、高速代の他に、行き帰りの移動時間も掛かります。

引越しスタッフの拘束時間が長くなるので、長距離での引越し見積もりが多少高くなるのは仕方がありません。
距離と料金は比例していると考えると分かり易いと思います。

長距離での引越し見積もり料金を少しでも安くする方法の一つとして、
混載便を利用するという方法があります。混載便とは引越し先が同じ方面の人と引越し日程を合わせ、
トラックをチャーターして一緒に荷物を運びます。通常の引越し見積もり料金より安くすることも可能です。
また、貨物列車のこコンテナを利用したりすると料金を抑えることもできます。

引越し業者には長距離を専門としたところもあり、料金にも差があるので、
複数の業者から引越し見積もりをとり、比較するといいでしょう。

hikkoshi_km